10月 2017
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
大きなカレンダーで見る→

活動報告

熊本地震の義援金・支援活動

今回の熊本地震被害に被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

霧島市商工会青年部隼人支部では、今回、地震で被災された方への義援金活動、支援活動を行って参りましたのでご報告致します。
まず、義援金活動につきましては、4月29日、30日の二日間、鹿児島空港の一階玄関口にて募金の呼びかけを行いました。また、青年部員のお店への募金箱の設置し皆様にご協力いただきました。

お寄せいたただいた募金総額は418,374円。たくさんのご協力誠にありがとうございました。

 

次に支援活動につきまして、誠に微力ではございましたが5月20日21日の二日間で、部員10名で現地に行ってまいりました。

今回、被害の大きかった阿蘇西原村の商工会員の店舗及び自宅の瓦礫の撤去、復旧作業を行いました。これはその時の様子です。

集まった義援金は、熊本県青連の木野会長へ直接お渡し致しました。

夜は阿蘇内牧の青年部員さんが経営する温泉旅館「入船」に一泊。

地震後は県内各地で宿泊のキャンセルが急増しているとのことでしたが、入船さんにおいては、建物、部屋の被害もなく、温泉の湯量も豊富でなんの不便、心配もなく過ごすことができました。

今回の支援活動をするにあたり、活動場所を手配いただきました地元西原村商工会の皆様、また現地の案内をしていただきました、いまきん食堂の今村様、誠にありがとうございました。

最後に、いまだに続く余震に大きな不安を抱えながらの生活を余儀なくされている方々が、一日でも早く安心で平穏な生活がおくれますよう心よりお祈り申し上げます。

 

2016.05.24 投稿者 津曲 慶裕

九州豪雨被害、被災地支援活動

まずは今回の九州豪雨被害により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

霧島市商工会青年部は阿蘇市の内牧温泉という被災された地域へボランティア活動に行って来ました。

期間は8月15日~8月18日の4日間、延べ14人(OB含む)。

持っていったものとしては、ダンプ車、トラック、高圧洗浄機2台、発電機、ポンプ、スコップ、スクイジー、ちりとり。

物資としては、土のう袋約1000枚、新品タオル約400枚

早急に対応したのは霧島だけではありません。

県内各地より物資の発送をしていただきました。私が知っているだけで姶良町の犬伏さん、伊仙町の元田先輩、日置市青年部。

16日には姶良の山口さんも現地入りし、特大高圧洗浄機を持ってきて大活躍でした。

そして17日は宮内県青連会長も参加!

大型トラックで、ユンボ、バケットショベル、高圧洗浄機2台持ってきていただきました。

霧島・鹿児島が動いたからこそ、他も動いたと色んな方に言われました。

霧島はいつも暴走気味なのがたまにキズですが、何も考えず突っ走った行動はこういう時、人の役に立つんだなとつくづく思った次第でした。

被災支援はまだまだ終わっていません。これからの雨も心配です。

一歩ずつ進みましょう、前に!

当青年部の取組みが地元新聞、南日本新聞に掲載されました。(2012/07/21)

2012.07.19 投稿者 植山 吉将

霧島ひっとべフェスティバルに参加して、青年部の意地を見せた件

梅雨というものは梅の雨と書き・・・・・・・・
また話が長くなりそうなので端折ります。

われわれ青年部は、去る6月23日霧島ひっとべフェスティバルのボランティアとして参加させていただきました。
商工会の会員である今回のイベントの主催者:三船さんに依頼いただいて動員をかけました。
主催者より12人は  確 ・ 実  に青年部から出して欲しいと言われてて、
「うーんどうでしょうね、蓋をあけてみないとわからないのが青年部ですからねー」なんて無責任に応えていたのですが、
さすがは我が青年部!!20名も参加してくれました。

実は、所要の多い私のため藤山部長代行が支部長・事務局に連絡してくださって増員を促してくれてたのでこれだけの人数に増えたわけです。
支部長たちもそれぞれ責任を持って参加・呼びかけをしてもらって、感謝・感謝です。

朝は8時から夕方の5時まで。駐車場整理そしてチケット切り、会場整理など雨が降るなか、頑張っていただきました。

薩摩剣士隼人の男気に惚れ込んだ部員もいるとかいないとか。 σ(゚∀゚ )オレか

またひとつ思い出ができましたね。本当にありがとうございました!!

 

2012.06.25 投稿者 植山 吉将

24.6.10(日)霧島市商工会青年部隼人町青年部 清掃活動が開催されました。

6月10日、商工会の日にちなんで、清掃活動が開催されました。
ルートは初午祭のルートです。中村会長をはじめ、親会の方・銀行さん・商工会事務局の方、日曜日の朝6時という早い時間にもかかわらず、多くの方々にご参加いただきました。

高城支部長の挨拶の後、
鹿児島神宮からの出発班、浜ノ市地区の八幡神社からの出発班と二手に分かれ、商工会本所で合流するという分担作業でした。

青年部は八幡神社からのルートを担当しました。写真は八幡神社付近のものです。
普段車でしか通らない道のりですが、歩いてみるとペットボトルや空き缶・煙草の吸殻などのゴミが目につきました。特に草の生い茂った道路から見えづらい部分には沢山のゴミが隠れていました。1時間の清掃作業でしたが、時間が経つのがあっという間でした。

最後は皆で集合写真を撮りました。写真中央にあるのが清掃作業で集められたゴミです。
朝早くから皆さん本当にお疲れ様でした。

2012.06.11 投稿者 大谷 孝積

平成24年度霧島市商工会青年部通常総会!!

平成24年4月26日 霧島ロイヤルホテルにおいて通常総会が開催されました。

部員116人のところ出席者44名。皆さん家業忙しい中これだけお集まりいただき本当にありがとうございました。

司会は霧島支部の徳留さん。いつも大役を無茶ぶりしてすみません。ガッチガチでしたけど( ^ω^ )、自分で考え、機転をきかせた名司会でした。

部長あいさつ( ^ω^ )
先輩たちから話が長すぎるといつも怒られるわけですが、今回も長かったらしく、
「測ったら10分ぴったりだった。主張大会か!!」とのこと。

部員さんたちには、いつもお願いばかり。それに応える形で部員増強という大きな成果を得られました。
感謝、感謝です!!そんなこと話してたら10分なんてあっという間ですよw

ご来賓には、中村霧島市商工会会長、田之上県議会議員、山田県議会議員、中重県議会議員、高橋県議会議員、小里衆議院議員(代理秘書)、霧島市観光課より萬徳様、藤山様、県青連より冨永副会長、霧島YEGより岡元様、霧島JCより岩間様、霧島市まちりづくり青年協議会より岩井直前にお越しいただきました。

議長は、霧島支部の加藤奨基さん。緊張に臆することなく立派に議長していただきました。

40人もいるの?って感じですけど左側の見えないところに役員20人座ってます。
反省会では、人が少なく見えるから、出番のない役員は部員席でいいよねって話がでました。

議案も滞り無く可決され、卒部者表彰。

霧島支部の窪田功司さん。
溝辺支部の藤澤洋介さん。
溝辺支部の 有村和久さん(当日欠席のため代理)。

窪田さんは言わずもがな霧島町の英雄。
5人だった部員を夏祭りを通して地域の信頼を得、20人まで増強。
それを評価され昨年は全国大会顕彰「人づくり部門」を受賞。

藤澤さんはいつも優しい口調で人柄よく、
地域のことを盛り上げようといつもアイデアをしぼっている方で色んなことを教えていただきました。

有村さんは一緒に情報対策化委員会でがんばりました。

青年部を大きく思ってくれている先輩がまた卒部ということで寂しい思いでいっぱいです。また何かの機会で会うことを祈ってやみません。
本当にありがとうございました。

全国大会表彰。昨年度は窪田さん、岩井直前部長がそれぞれ全国大会において受賞されました。
その功績を称え、全青連会長の賞状を代読させていただきました。

今回の総会は特別に、窪田さんによる基調講演を行いました。

具体的に夏祭りを成功に導いた軌跡や手段は祭りに携わる青年部にとって唸らせるものがありました。

 

さぁー、懇親会です。

オープニングはマヒナ☆オハナ(ハワイ語で月の家族という意味らしいです)さんに出演していただきました。

フラダンスを見た青年部、写メをとる人間、呆気にとられている人間、リアクションが見てて面白かったです。

美人な方が多いですね。実は皆さん小さいお子様を持つママだそうです。

司会はやっぱりこの方、藤山さん。そして負けず劣らず霧島支部の前田さん。

懇親会から前田霧島市長、仮屋議長、そして脇元市議(初代青年部長)に参加いただきました。
前田市長さすがはわかってらっしゃる、3分以内で話をまとめてくださいました!!

宮内会長がやむをえない事情でお越しいただけなくなったため、急遽日置よりお冨永副会長が来て下さいました。そしていきなり乾杯のムチャぶり。
助かりました~~。

 

かんぱーい。

多いですよね。80人ぐらいいたかと思います。

もうこの辺りまで酒がすすむと、私の気持ちは・・・・ε-(´∀`*)ホッと

後ろでは季節の天ぷらを揚げてたらしいですが、残念、箸を触ってない。

 

その後は飲み屋さんに行って部員さんたちと交流をはかりました。

総会のココがおかしかった!!と言ってくれる若手部員もいて、なんだかとても頼もしい。

残された任期はあと1年。いっぱい事業をして、いっぱいお酒を飲んで、いっぱい霧島の明日を語りましょうね!

2012.04.26 投稿者 植山 吉将