12月 2017
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大きなカレンダーで見る→

活動報告

九州豪雨被害、被災地支援活動

まずは今回の九州豪雨被害により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

霧島市商工会青年部は阿蘇市の内牧温泉という被災された地域へボランティア活動に行って来ました。

期間は8月15日~8月18日の4日間、延べ14人(OB含む)。

持っていったものとしては、ダンプ車、トラック、高圧洗浄機2台、発電機、ポンプ、スコップ、スクイジー、ちりとり。

物資としては、土のう袋約1000枚、新品タオル約400枚

早急に対応したのは霧島だけではありません。

県内各地より物資の発送をしていただきました。私が知っているだけで姶良町の犬伏さん、伊仙町の元田先輩、日置市青年部。

16日には姶良の山口さんも現地入りし、特大高圧洗浄機を持ってきて大活躍でした。

そして17日は宮内県青連会長も参加!

大型トラックで、ユンボ、バケットショベル、高圧洗浄機2台持ってきていただきました。

霧島・鹿児島が動いたからこそ、他も動いたと色んな方に言われました。

霧島はいつも暴走気味なのがたまにキズですが、何も考えず突っ走った行動はこういう時、人の役に立つんだなとつくづく思った次第でした。

被災支援はまだまだ終わっていません。これからの雨も心配です。

一歩ずつ進みましょう、前に!

当青年部の取組みが地元新聞、南日本新聞に掲載されました。(2012/07/21)

2012.07.19 投稿者 植山 吉将